脇の黒ずみの原因と対策法についてのまとめ

肌のトラブルの中でも脇の黒ずみは悩みの1つとなることがあります。 特に夏はノースリーブを着る機会や、プールや海に行くこともあるので特に気になることでしょう。 まず、皆さんを悩ませる脇の黒ずみの原因を説明します。 脇が黒ずむ原因は大きく2つに分けられます。 その1つとして、メラニン色素の沈着が挙げられます。 これはお肌への刺激に対してメラノサイトという細胞が起こす防御反応のことです。 脇は摩擦やカミソリ等の刺激が多い部分であり、皮膚が薄くてデリケートなので濃い毛が生えメラニン色素も沈着しやすくなっているのです。 ですので、脇のムダ毛処理をしている方は処理方法に気をつけなければメラニン色素の沈着が起こりやすくなり、脇の黒ずみに影響してくるのです。 特にカミソリや毛抜きによる処理は、肌に対しての刺激が強く黒ずみが発生する最も大きな原因となりえます。 2つめの原因として皮脂や古い角質の汚れが皮膚に詰まるということが挙げられます。 原因としては服による摩擦や蒸れることにより発汗すること、また制汗剤を使用すること等があります。 また、黒ずみの対策としてスキンケア用品等を多用することにより汚れがたまることもあります。 黒ずみをファンデーションで隠すといった方法も、その場しのぎになるだけで黒ずみの原因となってしまいます。 次に、脇の黒ずみへの対策法を紹介します。 黒ずみを作らないためにはまず第一に肌への刺激や負担を少なくすることが大切です。 特にムダ毛処理を行う場合は、自分でカミソリや毛抜きなどを使って行うよりも医療機関や脱毛サロンなどで施術を受けることをおすすめします。 そして、正しい生活習慣を保つことも必要です。 脇も肌の一部なので、生活習慣が乱れて肌が荒れるのと同じように生活習慣の乱れにより黒ずみが発生することもあります。 食生活にも気をつけ、メラニンの生成を抑制してくれるビタミンCや、ビタミンE等を多く含む食品を摂ることが大切です。 乾燥も肌の刺激となり、脇のケアが間違っていると脇の黒ずみが起こってしまう可能性があります。 なので、脇の清潔を保ち、しっかりとした保湿を行う必要があります。 角質の詰まりの対策として、肌の代謝を高めるという方法があります。 黒ずんでいる部分は代謝が悪く角質がたまりやすくなるので、代謝を高めることにより角質の除去につながるのです。 脇の黒ずみがどうしても気になり自分では対応ができないという人は皮膚科を受診するという方法もあります。 自分で行うには不安があり、黒ずみを悪化させる可能性もあるので、初めから皮膚科を受診するというのが1番無難な方法かもしれませんね。