60年代のファッション

今年、2015年のファッションの流行は60年代ファッションです。

いわゆるツィギースタイルなどが、また、復活したのです。

多くのハイブランドのファッションショーでも、この60年代ファッションをモチーフにしたデザインが発表されました。

さて、この60年代、何となくは頭に浮かぶと思いますが、では、60年代と70年代、そして80年代にどのような違いがあったかというのは、今の時代の人には分かりにくいと思います。

そこで、60年代のファッションをどのようにしたら良いのだろうかと思っている方にピッタリなファッションアイコンがいます。

それが、カントリーミュージシャンである、テイラー・スイフトです。

皆さんも彼女のプライベートファッションをパパラッチ写真などで見かけたことがあるのではないでしょうか。

今でこそ60年代のファッションが、再び注目されていますが、テイラー・スイフトは、大分前から、オリジナルのファッションという感じで、この60年代のファッションを身につけてきました。

彼女から学ぶ60年代ファッションは、まず、バッグはシンプルな物で、カラーは目立つ物、もしくはちょっと変わった色を選びます。

例えば深紅の四角いシンプルなバッグだったり、あえてのブラウンカラーだったりです。

ですが、根底にはシンプルというテーマがあります。

そして、トップスは、普通だったら、エリがついていても、角ばったエリの物を選びますが、60年代は、ガーリーに丸襟を選びます。

もちろん、襟元は白で清潔感のある感じを出し、ボトムスにはスクールスカート、もしくは、ハイウエストの台形のスカートを選ぶと、ぐっとアンティーク感が増します。

色は、黒と黄色、赤と白、など、コントラストのある物を選ぶと、より60年代のスタイルに近づきます。

ここで、髪型も、ちょっとボリュームのある髪型にして、唇に深紅のルージュをつけると、かなり60年代の雰囲気を漂わせることができます。最近では安カワブランドが豊富に存在しますので色々コーデを掛け合わせてファッションを楽しむことが出来るので自分に合ったスタイルでコーデをしていくといいでしょう。